ご相談~事件解決までの流れ

  • TOP
  • ご相談~事件解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

事前に、メールやお電話などであらかたの内容を伺った上で、面会の日程を決めさせていただきます。持参してほしいものがあれば、そのときにご説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ご相談~事件解決の流れ

1.ご予約
1.ご予約

まずはお電話またはメールにて、お気軽にご連絡ください。
TEL:03-6914-3562

予約フォームはこちら

2.ご相談
2.無料相談

難しく考える必要はありませんので、心の内をすべて打ち明けてください。ご依頼者の言い分が法的に通るのであれば、できるだけ希望に沿った素案を提示します。無理そうであれば、その理由についてご説明いたします。

3.正式受注
3.正式受注

今後の方針や料金について納得いただいた場合は、書面にて受任契約を取り交わします。最初に必要な作業は、資料の収集です。

4.実際の交渉
4.実際の交渉

係争相手に対し、弁護士の受任通知と、解決案の提示をいたします。合意が得られなければ、すべての相続人と直接交渉します。

5.合意の締結
5.合意の締結

話し合いがまとまったら、「合意書」を作成し、署名・捺印をして終了です。

弁護士費用

弁護士報酬の標準額

事件等 報酬の種類 弁護士報酬の額 備考
金銭請求 (売掛金、貸金、交通事故、損害賠償等) 訴訟 相談料 [来所の場合]
30分 5,000円+10%
[出張相談]
30分 5,000円+10%+交通費
 
着手金 経済的な利益の額が
[300万円以下の場合]
330,000円
[3,000万円以下の場合]
5.25%+94,500円
[3億円以下の場合]
3.15%+724,500円
事件の経済的利益の額に、左記の率を乗じて着手金及び報酬金を計算します。
着手金の最低額は330,000円。
但し、事案に応じて増減することがあります。
報酬金 経済的な利益の額が
[300万円以下の場合]
18.6%
[3,000万円以下の場合]
10.5%+189,000円
[3億円以下の場合]
6.3%+1,449,000円
交渉
調停
着手金
報酬金
訴訟に準ずる。ただし、3分の2に減額することができる。 着手金の最低額は110,000円。
不動産(明け渡し、賃料増額請求等) 訴訟 着手金
報酬金
金銭請求に準ずる。 明け渡し請求の「経済的利益」は、敷地の評価額の2分の1。
交渉
調停
着手金
報酬金
訴訟に準ずる。ただし、3分の2に減額することができる。
離婚等 訴訟 着手金 330,000円~ 440,000円 調停の場合、訴訟に準ずる。ただし、3 分の 2 に
報酬金 440,000円~660,000円
交渉
調停
着手金
報酬金
訴訟に準ずる。ただし、3分の2に減額することができる。  
遺産相続 審判 着手金
報酬金
金銭請求に準ずる。 遺産のうち争いのない範囲の「経済的利益」は、評価額の3分の1。
交渉
調停
着手金
報酬金
審判に準ずる。ただし、3分の2に減額することができる。

弁護士報酬・費用の種類

相談料 法律上の適切なアドバイス、見解を提示した上で対価として頂く報酬です 。
着手金 事件等を依頼された時点で、弁護士がその事件をすすめて行くにあたり、委任事務処理の対価としてお支払い頂く基本報酬です。
報酬金 事件等が終了したとき(判決・和解成立・調停成立・示談成立などの場合)に、成功の程度に応じて、委任事務処理の対価としてお支払いいただく成功報酬です。
日当 裁判所等に出頭した際にお支払い頂くものです。
実費 事務処理にかかる通信費その他の実費等です。

弁護士報酬の支払い時期

相談料 相談終了時
着手金 事件又は法律事務の依頼を受けたとき
報酬金 事件等の処理が終了したとき